こうほく梅の写真コンテスト

港北区の歴史ある観光資源のひとつである大倉山梅林で開催される大倉山観梅会や、区内で撮影した区の花「梅」をテーマに、港北区の魅力を広くPRすることを目的に開催しています。

作品募集等の最新情報はこちらから→(港北区役所のホームページへ)

過去の入賞作品
2016 こうほく梅の写真コンテスト 入賞作品
2017 こうほく梅の写真コンテスト 入賞作品
2018 こうほく梅の写真コンテスト 入賞作品
2019 こうほく梅の写真コンテスト 入賞作品

2020こうほく梅の写真コンテスト入賞作品

[総評]
今年も多くの作品が寄せられ、見ごたえのある写真コンテストになりました。
写真を写す上で大事なのは表現の部分です、花を主題とするか副題とするかは大切なポイントで、作品を見る人の視点となります。今年の作品からは、花の背景選びを考えて撮られていると感じました。背景の色や明るさによって作品の印象が変わるからです。また、プリントの仕上げも向上し、入賞作品には、それぞれ独自の視点がありました。これからも作者の想いや撮影のねらいが伝わる作品を期待します。

有賀 由一(一般社団法人 日本写真作家協会)

最優秀賞(1作品)
降注ふりそそはな

画面全体から早春の情感を見事に表現した最優秀にふさわしい作品です。広角レンズで花の鮮やかさに加えて幹や枝の姿・形で構築した力強い作品です。作者の想いが伝わってきます。

※以下、金賞・銀賞・銅賞・佳作の各作品の掲載は、順不同です。

金賞(2作品)
  • 1「老木ろうぼく頑張がんばる(そのⅡ)」
    青空の中に木の歳月を感じさせる作品です。幹や枝には、木の育った歳月や環境が刻まれています。その木に梅の花を添えることで、春の表現が背景の青空に浮かび上がってきます。アングルが的確でした。

  • 2「うめしたでひとやすみ」
    梅林の春の雰囲気が見事に表現された秀作です。この作品は、紅白の梅の花が主題ですが、画面中央に人物を入れたのは正解でした。子どもたちのピンク色の帽子と背中から、春の日差しの暖かさが伝わってくる素晴らしい作品です。

銀賞(3作品)
  • 1「はなびら模様もよう
    落ち着きのある色彩で表現された作品で、花びらの模様をよく観察しているのが分かります。石に投影された木の影の曲線や木に咲いている花との光の対比を、画面上で見事に作品化しました。

  • 2「万花舞ばんかまう」
    満開のしだれ梅を表現する方法は多くありますが、この作品のように撮影対象をアップで捉え絞り込むと春の彩りが印象強く演出できる良いお手本になる作品です。しだれ梅をここまで見事に贅肉をおとして切り取った画面構成力は見事です。

  • 3「威厳いげんある老木ろうぼく
    歴史を感じさせる枝の構図から、中央に白梅を入れたテクニックは、すばらしいアイディアです。樹木の環境を取り込むことにより重量感あふれるタイトルの「威厳ある老木」の作品となりました。

銅賞(3作品)
  • 1「長寿ちょうじゅまい Shallシャル weウィ ダンス?」
    画面構成からユニークなタイトルと紅白の梅の配置に納得できる調和のとれた作品です。木の枝ぶりがタイトルを表現し、背景の雲の入れ方も作品を向上させました。撮影時の素直な気持ちが伝わる良い作品です。

  • 2「みつ誘惑ゆうわく
    今年も梅と小鳥の作品が多く寄せられました。この作品は、縦構図に鳥の動作を上手に捉えています。背景の光の入れ方も良く、ボケ味をオレンジ色の暖かみのある色彩でまとめたところも撮影テクニックを感じさせる作品です。

  • 3「「黄金おうごん」だけの世界せかい
    ロウバイの花でしょうか。早春の花を見事に作品化しました。遠景の樹木や空の色彩から空にも表情がある良い写真です。花の作品だから晴天と決めず、その時の天候を受け入れる気持ちがポイントで入賞しました。

佳作(7作品)
  • 1「はる便たよりをとどけます」
    梅の花を主題にしながら、画面下に踊り手を入れる構図は技量の高さを感じます。舞いの手の表情などを考えたシャッターチャンスは的確でした。

  • 2 「早春そうしゅんいろどり」
    梅林の何気ない風景を素直な気持ちで表現した作品です。人物の入れ方や前ボケに紅い花を入れるところは、画面の隅々までよく観察して、シャッターを押していることに力量を感じます。

  • 3 「うめかおりとこと
    白梅に当たる光を上手に入れ、琴の奏者の手の動きから指先まで緻密に計算されたすばらしい作品です。シャープな画面から、琴の音色が聞こえてくるようですね。


  • 4「はなすだれ」
    花の撮影は、アングル(被写体に対する撮影の角度)がポイントですが、この作品は、正面いっぱいに下方から全体を捉えています。主題を強調できる撮り方で、その際、花のみでなく枝ぶりが重要な要素となります。その要素を合わせもった良い作品です。

  • 5「満開まんかいのとき」
    高いアングルからの撮影は地面の色によって彩りに欠けることがありますが、この作品の新緑の地面は花を新緑の中に浮かび上がらせる効果があります。画面上の視点も右から左へと流れ作品のスケールの大きさを見事に表現しています。

  • 6「ひかりなか梅花立ばいかたつ」
    白梅の光の捉え方や地面の斜光など、よく計算された作品です。早春の光を浴び、たくましく咲く梅の姿を観る人の心を刺激する作品となりました。背景の暗部は花を立体的に見せています。

  • 7「早春そうしゅん合奏がっそう
    紅梅と白梅を組み合わせた写真の時、両者を対等な主役として写すこともありますが、この作品は白梅を大きく捉えることにより、奥に咲く紅梅へ視線を導く効果的な役目を果たしている構図で秀作となりました。

2019こうほく梅の写真コンテスト入賞作品

[総評]
今年の作品は、梅の花の色に着目した作品が多く寄せられました。色を重ねて撮ったり空の青さを意識したり工夫が見られました。色を意識して撮影することは、カラーの作品では印象的なイメージを強調できます。また、フォトコンテストのプリントでの応募の場合、プリントの仕上げも作品作りの大切な要素であることを記しておきたいと思います。

有賀 由一(一般社団法人 日本写真作家協会)

最優秀賞(1作品)
「古木も頑張る」(港北区 中島さん)

古木を画面中央に置き、青空の中に全面を構成した表現力が見事です。木の黒い質感までもタイトルの「古木も頑張る」様子が伝わってくる印象的な作品に仕上がっています。
最優秀にふさわしい力強い作品です。

※以下、金賞・銀賞・銅賞・佳作の各作品の掲載は、順不同です。

金賞(2作品)
  • 1「雪月花の趣」(青葉区 大塚さん)
    紅梅に雪の白さを月下のもと表現した力量のある作品です。月と雲の配置も良く画面に安定感があります。厳冬期の夜に撮影した努力が報われた作品といえるでしょう。プリントの仕上げも秀逸でした。

  • 2「平成最後の花」(港北区 一石さん)
    高台の公園から町を眺めている女性と子供さんの会話が聞こえてくるような情景を表現しています。広角レンズで紅梅の花全体を入れたことやポジションも良く金賞にふさわしい画面構成になりました。

銀賞(3作品)
  • 1「見守る古木」(川崎市 岡部さん)
    左から右への古木の力強い流れで画面を引き締めています。白梅と紅梅を上下で分けて配置したことも構成力のすばらしさです。

  • 2「クローズアップ」(川崎市 原さん)
    観客の人たちが思わず微笑む様子が分かる情景を撮っています。踊り手の手の動きに表情があります。見事なシャッターチャンスを捉えました。

  • 3「梅園散策」(泉区 矢澤さん)
    梅林全景を背景に、手前には白梅を大きく入れ、散策する人が円形に進む構図が奥行き感を出しているところがユニークです。タイトルからもどの花を撮ろうかと思いながら歩いている人の想いが伝わってきます

銅賞(3作品)
  • 1「大倉山雪中梅」(鶴見区 鈴木さん)
    雪の降る夜に、紅梅に降り積もる雪をライトの中に浮かび上がらせて撮る力量を感じさせる作品です。画面構成も上手く下部に梅の木を入れたことによって、空の高さも表現できました。

  • 2「大倉山系「梅の惑星」」(鶴見区 丸山さん)
    撮影の発想とユニークさが作品に表されています。作品内容もよく計算されていることが分かります。球の中に青空と紅白の梅林をシャープに捉え、背景に梅林のボケを入れたところは、これが大倉山系「梅の惑星」なのでしょう。

  • 3「月光梅」(鶴見区 坂爪さん)
    大倉山梅林に数株ある「緑萼梅」でしょうか。月夜に照らされた花がブルー調の背景にマッチしています。タテ位置で撮ったことにより、空の高さが強調され画面全体から空気感まで感じられるすばらしい作品です。

佳作(5作品)
  • 1「春の陽射し」(緑区 奥沢さん)
    今年も野鳥を撮った作品が多く寄せられましたが、この作品はモズの表情をしっかり捉えています。鳥の目にキャッチライトも入り、紅梅の中の凛々しい姿が印象的です。

  • 2 「梅の香りが漂う」(港北区 峯岸さん)
    画面手前に大きく満開の白梅を入れ、主題をはっきりさせました。遠景の中に人物を配したテクニックは秀逸です。ベンチで休息をとる人たちにタイトルの「梅の香り」を届けたようです。

  • 3 「春の園」(神奈川区 吉原さん)
    梅とメジロを撮った作品が多い中で、この作品は鳥の表情がよく分かり、紅梅に囲まれメジロもホッと一息入れているような落ち着いた写真になりました。下から見上げているようにして撮っているのも効果的です。

  • 4「みんな元気だね」(港北区 峯岸さん)
    タイトルの「みんな元気だね」と思わず声をかけたくなるような光景です。梅林の中を手をつないで歩く子どもたちの姿を俯瞰して撮影したところにかわいらしさが出ました。

  • 5「競演の始り」(港南区 戸澤さん)
    白梅と紅梅を重ねて表現した作品は多くありましたが、白梅にピントを合わせ紅梅を前ボケしたテクニックが斬新で競演の効果を上げています。梅の美しさを素直に表現した良い作品です。

2018こうほく梅の写真コンテスト入賞作品

[総評]
今年は梅の魅力と春の訪れの歓びがあふれている作品が多く寄せられました。
作者の個性のある作品が上位に入り、主題の設定の大切さを感じました。これからは、カメラポジションやカメラアングルのほかにプリントの仕上げなどの総合力が求められることを記しておきたいと思います。

有賀 由一(一般社団法人 日本写真作家協会)

最優秀賞(1作品)
「梅林散策」(泉区 矢澤さん)
梅林で散策するお二人を捉えた作品ですが、画面の中に最優秀にふさわしい多くの要素があります。紅梅を主題に白梅を遠方に捉え、タイミング良く中央には紅白になる衣装の人物を配し、どのようなお話をしながら散策しているのか、想像したくなるほのぼのとしたすばらしい作品です。

※以下、金賞・銀賞・銅賞・佳作の各作品の掲載は、順不同です。

金賞(2作品)
  • 1「アクション太鼓」(旭区 川上さん)
    子どもたちの表情や全員が腕を振り上げている様子や足の動きなど、タイトルから分かる動感のある見事な作品です。背景には紅白の梅の花を配し、観梅会の祭典にふさわしい喜びにあふれた作品になりました。

  • 2「幸福のアーケード」(港北区 重住さん)
    今年も老木を撮った作品が数多く寄せられました。この作品は老木の逞しい生命力のアーケードの中に、梅の花を咲かせている作画でシャッターを押した作者に拍手です。フレーミングの巧さを感じました。

銀賞(3作品)
  • 1「春浅し」(川崎市中原区 加藤さん)
    梅の花に限らず白い花を白く撮ることは、難しい露出設定ですが、この作品は白色が露出オーバーになることなく質感も良く表現されています。タイトルからこれから春本番がやってくる様子が伝わってきます。

  • 2「萌える梅の楽園」(鶴見区 丸山さん)
    青空の中にしだれ梅を画面左に大きく捉え、右遠方に白梅を作画した意図が伝わってきます。手前から画面奥に目線が動く構図は見事です。シャープ感も十分です。

  • 3「咲々爛漫」(港北区 長崎さん)
    しだれ梅の表情をすばらしいアングルで捉えました。広角レンズの特徴を使い夜空の鮮やかな色調の中に、灯りが良いアクセントになりました。夜の撮影の努力と力量の分かる作品です。

銅賞(3作品)
  • 1「梅林春を待つ」(港北区 鳴島さん)
    雪景色の梅林の作品は少なかったのですが、この作品からは冬の寒さの中で、じっと耐える木々様子が伝わってきます。雪面も美しく撮られていてテクニックがうかがえます。

  • 2「春色に染まる梅の園」(港北区 渡辺さん)
    この作品を拝見した瞬間、画面の四隅まで無駄のない緊張感があり、表現力の強さに感心しました。大倉山梅林全体を色彩豊かに表現することはとても大切なことです。写真を撮る力量を感じました。

  • 3「梅風の舞」(青葉区 大塚さん)
    紅梅の中に色彩の美しいシャボン玉が舞っている様子から、だれが飛ばしているのかを想像したくなる素晴らしい作品です。あえて人物を入れず、シャボン玉と紅梅で作画した作者のねらいに拍手です。

佳作(5作品)
  • 1「凛と咲く」(港北区 長谷川さん)
    この作品をじっと拝見していると、作者がこの紅梅をとてもていねいに見て撮っているのがよく分かります。つぼみを多く入れているのも、これから主題の梅のように咲くことを想像させる良い作品です。写真は一つの主題をじっくり観察すること の良い見本です。

  • 2 「梅薫る中で」(港北区 金子さん)
    野点の抹茶碗の色彩と白梅を多重露出で美しく表現しています。タイトルの「梅薫る中で」の春のうれしさの様子が伝わってくる作品です。露出・シャープ感など申し分ありません。

  • 3 「春間近」(港北区 中島さん)
    画面を三角構図で構成し、ロウバイと雪の残る白い屋根が全体を引き締めています。まさに「春間近」が伝わってくる作品です。すばらしい被写体を見つけましたね。

  • 4「春めく色にさそわれて」(川崎市幸区 小林さん)
    今回のコンテストでは、しだれ梅の作品が多く寄せられましたが、この作品は、たて構図によりしだれ梅の特徴を力強く捉えています。夜空のブルーの色調主題を引き立てている見事な作品です。

  • 5「ミツバチの喜び」(南区 金子さん)
    絵は想像で写真は発見と言われます。この作品はまさにミツバチが梅に止まった瞬間を捉えています。梅のつぼみが多く見られることから、これから咲く様子が想像できます。これからも、昆虫の撮影も楽しんでください。

2017こうほく梅の写真コンテスト入賞作品

最優秀賞(1作品)
「春はまだかな」(神奈川区 文後さん)
主題の梅とメジロをアップにしないで、まわりの新緑を入れてカメラを引いた構図がすばらしいです。
バックの丸いボケ味がよいアクセントになっています。縦構図も良く最優秀賞にふさわしい気品のある作品といえます。

※以下、金賞・銀賞・銅賞・佳作の各作品の掲載は、順不同です。

金賞(2作品)
  • 1「老木の春」(港北区 内村さん)
    梅の老木を撮った作品は多くありましたが、手前から奥に伸びている太い枝を力強く表現したことがすばらしいです。青空の中の梅の木が画面に動きを感じさせる作品となりました。

  • 2「布袋様と愛でる梅」(鶴見区 丸山さん)
    下方から梅を見上げている布袋様の表情がなんとも微笑ましい作品です。布袋様の顔全体が陽を浴びて春の喜びにあふれている様子が伝わってきます。

銀賞(3作品)
  • 1「雲間瞬影」(青葉区 大塚さん)
    雲の間から太陽が覗き、池面に映り込んだ落ち葉や雲の様子に子どもたちが見とれている表情が分かります。この写真の主題は、垂れ梅を見せながら実は、池面の表情で、画面全体から春の色彩美の感じられる作品です。

  • 2「梅日和」(港北区 金子さん)
    画面全体に野点傘を入れ白梅を中央に多重露出で入れて作品に仕上げています。撮影のテクニック力がうかがえます。また、紅と白を意識した構図が画面にインパクトを与えています。

  • 3「春を寿ぐ」(港北区 金子さん)
    ステージ上の子どもたちのお面と手の動きを見事に捉えた作品です。子どもたちの衣装からも春の華やかさが伝わってきます。

銅賞(3作品)
  • 1「まだ寒いです」(港北区 轡田さん)
    今年も梅とメジロの写真が多く応募されてきましたが、鳥の表情が伝わってくる作品はこの写真が秀作でした。タイトルと作品のマッチングがいかに大切かを伝えています。

  • 2「二重奏」(港北区 岡田さん)
    タイトル「二重奏」から二人の演奏者と見えますが、梅の花を画面左上に入れたことにより、梅との二重奏にも考えられる作品です。春の暖かい陽射しの光が奏者の肩から指先まで見てとれます。琴の音色と緊張感が伝わってくる作品です。

  • 3「花灯り」(川崎市 高橋さん)
    垂れ梅が満開の中に、手前にある花をボケ味として入れ花灯りを想像させる作品となりました。花のボケにより華やかさが一層印象的となりました。

佳作(5作品)
  • 1「輝ける朝」(港北区 末松さん)
    朝の爽やかな中で、満開に咲く垂れ梅を広角で捉えています。逆光で明暗差の大きいところですが、露出も的確で空気感までも感じられる見事な作品です。

  • 2 「年に一度の晴れ舞台」(港北区 内藤さん)
    見事に咲いた梅の花を中央に大きく撮った作者の気持ちが伝わってきます。この花にとっては、まさにタイトルの「年に一度の晴れ舞台」なのですね。作者の心の優しさまでも感じる作品です。

  • 3 「どっこいしょ」(旭区 渡辺さん)
    梅の木にピントを合わせ舞台で演技する子どもたちを重ね、「どっこいしょ」の雰囲気が伝わる臨場感あふれる作品になっています。動きの中に手の表情が見事に捉えられています。

  • 4「垂れ梅」(青葉区 中村さん)
    月明かりの中に的確なアングルとフレーミングによって「垂れ梅」の美しさが伝わってきます。夜の梅林を撮影した作品が今年は少なかった中で、この作品は秀逸でした。

  • 5「黄金の星々たち」(鶴見区 丸山さん)
    境内に咲く「ロウバイ」の花を画面いっぱいに入れ、多くのつぼみをタイトルに表現したところに感心しました。快晴の中にロウバイの黄色の美しさが見事です。

2016こうほく梅の写真コンテスト入賞作品

最優秀賞(1作品)
「花咲く場所」(川崎市 原さん)
春の到来を告げる梅の花が満開の中で、躍動感あふれる和太鼓の演技を見事に表情も豊かにとらえています。
人物全員に動きがあり、青空を背景に画面構成もすばらしく最優秀賞にふさわしい作品になりました。

※以下、金賞・銀賞・銅賞・佳作の各作品の掲載は、順不同です。

金賞(2作品)
  • 1「きれいだねー」(港北区 中島さん)
    子どもたちに「きれいだねー」と、言っている声が聞こえてくるような、内容のある作品です。先生の指先から、春の喜びを伝えたい温かい気持ちが感じられます。

  • 2「長閑な梅日和」(東京都大田区 荻原さん)
    画題の内容を見事に表現した作品です。色彩効果も鮮やかに表現して、画面の隅々までよく見てシャッターを押している気持ちが伝わってきます。

銀賞(3作品)
  • 1「春は招く」(金沢区 綱島さん)
    春の訪れを告げてくれる梅の花を中心にフレーミングされた作品から、子どもたちのうれしそうな表情を見ることができます。手足の動きから会話も聞こえてくるような作品となりました。

  • 2「月下の舞」(鶴見区 内海さん)
    月明かりの中で、広角レンズを使いながらの撮影は、高いテクニックが必要です。風に揺れる梅の花から、情感までも感じられる良い作品です。

  • 3「乱れ獅子」(南区 金子さん)
    梅の花を主題にしながら、獅子の舞いを画面の中に入れる構成は、技量の高さを感じます。獅子の髪の動きを見事にとらえたシャッターチャンスはすばらしいです。

銅賞(3作品)
  • 1「4人でお散歩」(都筑区 小山さん)
    ご家族の楽しい会話が聞こえてくるような作品です。梅林と画面左側の木や石垣もとても良いアクセントとなり、画面を引き締めています。生活環境を入れた見本のような作品です。

  • 2「春の予感」(港北区 内村さん)
    青空の中で、梅の木の影を上手に入れたことで、画面構成に立体感が生まれました。
    光が斜光で時間帯を考えたシャッターチャンスも的確でした。

  • 3「裏梅」(緑区 奥沢さん)
    梅に当たる光を上手に表現しています。
    さらに光の色彩効果を考えた背景のボケが大変きれいです。
    花の蕾(つぼみ)を入れたことにより、花の開花を想像させる作品となりました。

佳作(5作品)
  • 1「おもてなし」(鶴見区 千葉さん)
    野点の様子を色彩豊かに撮っています。縦構図にしたことで、茶を点てる仕種(しぐさ)から緊張感まで伝わってくる良い作品です。

  • 2 「乱舞」(川崎市 原さん)
    撮影ポジションが良く、梅の木の枝ぶりとステージ上の演技を力強く表現している作品です。主役選びをはっきりさせると、さらに良くなると思います。

  • 3 「蒼天に輝く」(磯子区 海野さん)
    梅の木を逆光の位置から、立体的に撮られた作品で、枝ぶりから力強さが感じられます。広角レンズの特性を上手に活用しています。

  • 4「春の訪れ」(港北区 吉原さん)
    白梅の木にやってきた鳥の目に、キャッチライトが入り、鳥の表情がとても良く表現されました。青空の色彩効果もあり、ピントも申し分ありません。出会いのチャンスをとらえている秀作です。

  • 5「きれいだね」(港北区 峯岸さん)
    満開のシダレ梅を下から見上げている様子が、アングル良く表現されています。子どもの低い目線で一緒に見ているお母さんのやさしさが分かる内容のある写真で、親子の会話が聞こえて来るようですね。

ホーム | 公共交通 | 観光協会概要 | 会員募集
ページトップへ